祖父母に子供を託すなんて無理!な私が、その思いをさらに深めた出来事

心配性な私は、祖父母に子供を託すということができません。

なんせ自分が晩婚&高齢出産。且つ、自分の親も当時にしてはかなり遅めの32歳で私を出産。もう70代です。

体力的にも反射神経的にも心許なさすぎて、パワー溢れる幼児なんて、とてもじゃないけれど預けられません。

そのことについては親も同じ考えなので、お兄ちゃんが生まれてからの5年間、我が家での留守番を兼ねた子守り(私の通院などで、最大でも3時間とか)以外で、子供をお願いしたことは一度もありません。

そんな私にとって、ものすごくヒヤヒヤする出来事が2つほどありました。

ひとつは、同じ保育園に通うお子さん(4歳2歳の兄弟)の送迎を、おばあちゃんとひいおばあちゃん(!)がしている場面に遭遇したこと。

おばあちゃん(推定60代)が上の子と手をつないで歩き、ひいおばあちゃん(推定80代)が下の子をバギーに乗せて連れてきていました。

が、ひいおばあちゃん…、腰が90度に曲がってるんですよ。。。バギーを押しているというよりは、バギーを支えにしているように見えるくらいの、心許なさ…。

しかもね、ベルトをちゃんとしていなかったのかなんなのか、途中で2歳くんがバギーを降りて走り出してしまい…、当然ひいおばあちゃんは走って追いかけるなんてことはできず、おばあちゃんのほうが上の子の手を引きながら追いかけていました。

場所は、歩行者用のラインだけ引いてあって歩道のない、車道。
他人事ながら、思わず叫びそうになりましたよ!!!

けっきょく2歳くんは、そのまま保育園の門まで走っていき、中に入ったので大事には至りませんでした。

どんな事情で送迎の布陣がそうなったのかわからないので批判する気持ちはまったくありませんが、なんていうか、だだだだだいじょうぶですか(いろんな意味で)…???と思わずにはいられなかった私。

周りもみんなチビ連れだし、咄嗟に走って援護できるママさんとか、そうそういないだろうし…。今後はベルトだけでも、絶対に絶対に外れないようにと、願うばかりです(>_<)

っていうのが、事件簿その1。

続いて、その2。

同じマンションに4歳1歳の兄弟がいるのですが、そのご家庭は、おばあちゃん(推定60代)が送迎を担当しています。

保育園は違うので滅多に会わないのですが、先日はたまたまエントランスで一緒になり。

挨拶して私とお兄ちゃんは集合ポストに、おばあちゃんたちはエレベーターの方に向かいました。

その後、私たちもエレベーターで上がったら、降りたところに先ほどのおばあちゃんと弟くんがいました。

階が違うのになんで?と思ったら、「上の子が階段を走って登っていってしまって、エレベーターで追いかけたが、自宅の階にいなかった。お宅のお子さんとはお友達だから、こちらに来ているのかと思って見に来た」とおっしゃる。

なんですとっっっΣΣ(゚д゚lll)

ぜんぜん、ぜんっぜん一緒におりませんよ! すれ違って以降、見かけてもいません! だって私たち、今までポストルームにいたし!!!

で、慌ててあたりを見渡したら、遥か遠くの、隣の棟(廊下で繋がっている)の階段を、全力で駆け下りている姿が見えました。

降り着く先は、立体駐車場。

ぎぇえええええええええ((((;゚Д゚))))

それを見たおばあちゃん、「あら、困ったわ。Dくん、危ないわよ!戻って!」と叫んではいるものの、まったく聞こえるレベルではない。

そして、「あっちへ降りてみようかしら」とか言いながら、でも動かない。

私は私で、ダッシュしたいけど次男くんを抱っこしてて無理。ってか、そもそも追いつける距離じゃない。

そうこうしているうちに、Dくんは立体駐車場に到着し、車の間を縫ってちょこまかちょこまか走っている。。。

キーがなければボタン操作などはできないけれど、誰かがDくんに気づかずに出庫しだしたら、超危険危険KIKENNNNNNNN!!!

で、とりあえず私は出せる限りの大声で「Dくん!止まって!お願い!止まってぇええええ!」と叫びながら、周りに誰か大人がいないか必死に探しました。

そしたらちょうど通りがかった管理人さん(神!)が気づいてくれて、Dくんを無事に保護。

そのままおばあちゃんのところまで、連れてきてもらえたのでした。

…………あ、、、焦った。。。

またしても他人事だけど(ある意味他人事じゃない)…寿命が縮まりました。

とかね。とかとか。

心配性な私を震え上がらせるには充分なハプニングが、ここ1週間のあいだに、立て続けに2件もあったのでした。

もちろん、いずれも「祖父母が子守をしていたから起こった」わけではないし、子供の性格にもよるものだったとは思います。でも、このようなケースでは、一緒にいる大人が「より俊敏に動ける」に越した事はない。

少なくとも我が家の場合は、両親よりも、私のほうが動けます。子供を担ぎ上げて連れ戻すようなシチュエーションがあったとしても、力でも私の方が上。父よりも。

なので、やっぱり子供が幼児(言い聞かせだけで制御しきれない)のうちは、屋外で、祖父母のみに子供を見てもらうということは、絶対にしないでおこうと、改めて誓った母なのでした。

※あくまでも、我が家の場合です。祖父母の協力を得て育児をなさっているご家庭を否定するものではありません。

そして何よりも。
危険に直結するようなことに関しては、子供がビビってトラウマになるくらいの勢いで、何度でも、しっかりと、言い聞かせなければいけませんね。とも思いました。

やりすぎない程度にね…(´・ω・`)

スポンサーリンク
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ランキングに参加しています。よろしければ、応援クリックお願いします(´ω`*)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
おすすめ記事
おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする