やっぱり私は女の子ママにはなれないな〜と思った件

※大変くだらない上に長いつぶやきなので、おヒマな方以外は回れ右推奨です。

保育園から、プールについてのお知らせがありました。

来週月曜日から、お天気次第でスタートだそうです。

去年は工事とかもろもろあって例年よりプールに入れる回数が少なかったので、今年はいっぱい入れるといいねーなんて話をママさんたちとしていたんですけども。

とある女の子ママさんが、「子供の日焼け止めどんなの使ってる?」という話を振ってきて、その場にいた女の子ママさんたちは、日焼け止めの話で持ちきりに。

なんなら一部の男の子ママも話に加わっていました。

日焼け止めか…(´・ω・`)

日焼け止め(´・ω・`)

(´・ω・`)

めんどくさいよね(小声)←

いやさ、私ね、子供はおろか、自分さえ日焼け止めって塗らないんですよ。

色が黒くなることも、シミのリスクも特に気にしていないし、皮膚ガンのリスクも、今の生活スタイルでは深刻に考える必要性を感じていないんです。

それよりも、日焼け止めを塗ったり、塗り直したり、塗り忘れちゃったことを気にする面倒臭さのほうが、断然深刻!

なので、暑さ&まぶしさ対策として帽子や日傘を使って日避けをすることはあっても、日焼け止めを塗ることは、基本的に無いのです(ファンデや下地に入ってる場合はそれ頼み)。

もっと言うとね。帽子や日傘も、本当はめんどくさい。

私、前髪があるんですよ。なので、帽子かぶろうとすると、前髪どうしたらいいの?ってなるじゃないですか。んで、なんとかオカシクないようにかぶれたとしても、脱いだ時には絶対ペッタリしてて変になるのがわかってるから、いいやもう、となるわけです。

あと、日傘もね、ただでさえ赤子と荷物でアップアップしてるのに、さらに荷物(傘)いっこ増やすとか、何事?? と思っちゃうのです。身軽な状態でなら、日傘というアイテムは可愛くて好きなんですけどね。今は身軽じゃないから。

だもんで、もう本当に私、日焼けっていう現象に対して、無頓着な生き方をしているわけなんですよ。

で、そんな母親、イヤじゃないですか。女の子としては。(やっと本題!)

母親本人がどうしてようと、それは別にいいとは思うんですけど。女の子の、美容に関する自覚がない頃のUVケアをめんどくさがる母親なんて、たぶんイヤだと思うんですよね。

お年頃になったとき、小麦色の肌+そばかすとか。どう?

健康的でうれしい♡ お母さんありがとう♡ とかって、なりますかね?

おおかた、ならないでしょ。

で、私自身もこんなこと言いつつ、女の子はまあ、色が白いと可愛いっていうこともあるかもしれないよねと、思っている側面もあって。もし実際に自分の子供が女の子だったら、きっとめんどくさい〜と思いながらも、UVケアしちゃうんですよ。

そんで、日焼け止め塗るなら塗るでこれまためんどくさいこだわりがあるので、ムスメがお年頃になった時に、今度は別の意味で煙たがられたりするんです。

ほら、向いてない。女の子ママ。

っていうことを、プールのお知らせが来るたびに、しみじみと考えているワタクシです。

ちなみに我が家のお兄ちゃんは、そんなこんなで真っ黒。

紫外線にさらされまくってるけど、今のところは外遊びとプールの時間くらいだから、まあいいかなと思ってます。

もし今後、部活とかで屋外にいる時間が長い生活パターンになるようだったら、その時にはUVケアを勧めてみようかなと。うん、そうしよう。

余談ですが、日傘を使わないワタクシ、次男くんの日避けにはシャダンケープっていうのを使ってます。

日本エイテックスの商品で、「体感-3度の遮熱効果とUVカット効果」を謳ってるんですが、本当に触った感じからして涼やかで、かなり良いですヨ( *´ ∇ `* )

スポンサーリンク
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ランキングに参加しています。よろしければ、応援クリックお願いします(´ω`*)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
おすすめ記事
おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする