「毒親」と「娘」の複雑且つありきたりな関係。唯川恵の『啼かない鳥は空に溺れる』が怖い

怖い怖い怖い。

先ほど、唯川恵の『啼かない鳥は空に溺れる』を読了したんですけどね。

唯川恵「啼かない鳥は空に溺れる」

評判通り、怖かった。

いや、評判ほどではなかったかもしれない。

というか、怖さの質が、想像していたのと少し違った。

けど、とにかく、後味の悪さは天下一品! ←どんな褒め方

さて、そんな小説の概要は、以下のとおり。

正しいのは、母だろうか、娘だろうか。
間違っているのは、娘だろうか、母だろうか。
答えはきっと、母と娘の数だけある。

母と娘の“呪縛”と“依存”をサスペンスフルに描く、
唯川恵氏、待望の長篇小説。

(幻冬舎公式サイトより引用)

かいつまんで言うと、

主な登場人物は、長いこと敵対関係にある母娘と、お互いの距離が近すぎる母娘という、2組の母娘。

それぞれの娘が結婚を決めたことをきっかけに、もともと歪んでいた母娘の関係に変化が起こるというか、暴走が加速するというか、なんとも息苦しいことがいろいろと起こるお話です。

そして、解決しないというお話です。

雑ですみません(´・ω・`)

でも、なんか、丁寧に語るような内容ではないのです。

おそらく、ある意味、どこにでもある話。

私の家庭にはなかったけれど、だからと言って「信じられない…」と戦慄するような特異な設定でもなく。

「毒親」という言葉がなかった時代から、きっとこういう関係性は、少ないながらも存在していたんだろうなと、想像できるような。

それぞれの事情や想いは複雑かもしれないけれど、端から見ればありきたりとも言えるような。

そんな、こじれた母娘関係の話なのです。

そして確かに、要所要所でサスペンスフルな展開がありはするものの、宣伝されていたような、センセーショナルな怖さは、ない。

それなのに、私がこんなに怖いと感じているのは、この小説がなんの結論も出さずに終わっているからです。

ものすごく中途半端なの。

救いも希望もなければ、破滅さえなくて。その中途半端さが、余計にリアルで、怖い。

小説でさえ、フィクションでさえ、こんなふうにしか描けないくらい、当事者以外には本当に未知で無関係な世界なんだなぁと。

どうにもできないし、どうにかしてやる必要もない(娘が子供なら話は別ですが、いい大人なので)し、でも、苦しそうですね…っていう、ただそれだけの小説。

これが怖くなくて、なんなんだ。

そんな感じで、私にはひたすら「え? で? これ書いて、何をどうしたかったの???」という思いしか残りませんでしたが。

小説を読む事が特別な事でない人や、母娘関係の1サンプルとして興味のある人は、読んでみても良いかと。

あまり本を読まない人がわざわざこれを選びとって読むほどの価値はないと思いますが、ワイドショー寄りな(ニュースではない)怖さを楽しみたい人や、このテーマに関心がある人には、「2時間で一気読み」くらいの面白さはあります。

それは確かに、あります。

ということで、ご興味の湧いた方は、ぜひレビューを読んでみてください。(私のひねくれた感想より、よほど参考になることが書いてあります…)

これ、一応「母子」がテーマだけど、内容が内容だけに、こっちのまとめ記事に追加するかどうか迷うところだわ。↓↓↓
母と子の絆、母親、母性がテーマの小説

スポンサーリンク
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ランキングに参加しています。よろしければ、応援クリックお願いします(´ω`*)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
おすすめ記事
おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする