サービス解約しようとしたら3,000円で引きとめられた話

我が家には、Yahoo!プレミアムの会員になっているIDが2つあるんですが、昨日ふと、そのうちの1つを解約しようと思い立ったんです。

使い分けで必要な面もありつつ、月額462円もしますしね。どちらかのIDに集約したら決定的に困る!ということでもなかったので。

で、解約手続きの画面にいってみたところ…

「え、解約? 本当にいいの?」「あんな機能やこんな機能が使えなくなちゃうよ?」「あの特典も、この特典だって、なくなっちゃうんだから!」「本当に解約する?」「考え直した方がよくない?」「ねえねえねえ!」

みたいな感じで、次の画面に進んでも、その次の画面に進んでも、延々引きとめられまして。(※上記文言はすべてイメージです)

それでも果敢に突き進んでいたら、何ページ目かでついに、

「んじゃあ、3,000円あげるから思いとどまって!」

というものすごく即物的な展開に。

具体的には、プレミアム会員やめずに、いついつまでにYahooショッピングかLOHACOで買い物したら、最大3,000円分まで、ポイント還元するよ! ただし2ヶ月後にね! ということでした。

ついでに、次月のみ、プレミアム会員費無料でいいよ〜。とも。

そうまでして、引きとめたいか。

あー、まあ、でも、月額462円って言ったら、年間で5,544円ですものね。そりゃあ、3,000円くらい、バラ撒くか…。

そして、まんまと思いとどまった人がここに…!

なので、とりあえずは、もうしばらくID2つ維持します。

でも、特典が会費とトントンになるようだったら(今は特典の方がだいぶ上回ってる)、次こそは解約しますよっ(`・ω・´)

ちなみに、このような引きとめ商法にのっかったのは、これで2回目です。

前回は、docomo。

家族割でずっと使っていたんですが、その家族が離脱するというので、じゃあついでに私もどこかに乗り換えてみるか〜と思って解約手続きの問い合わせをしたら、「22,000ポイントあげるから考え直して!」と言われたんでした。

で、まあ、他に乗り換えたところで何か得になる予定もなかったので、思いとどまったの。

その時ちょうどスマホ買い換えるところだったしね。ありがたくポイント消化させていただきましたよ〜。

そして、その時から2年経った今もなお…、私はdocomoユーザーなのでした。

なんか私とってもカモっぽいけど、、、一応どちらの件も、特に不利益を被っていないというか、普通に得をしているので、良しとしよ、う?(←自信ない)

スポンサーリンク
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ランキングに参加しています。よろしければ、応援クリックお願いします(´ω`*)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
おすすめ記事
おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする