【保活】想像以上に厳しいようで…

私の住む自治体でも、保育園受入可否の通知が各家庭に届けられたようです。

我が家の次男はまだ先ですが、今年の4月から下の子の入園を希望していたママさんたちは、その話題で持ちきりでした。

どうやらうちの園はけっこうな倍率だったらしく、兄弟加点(1点)だけではダメだったとのこと。

昨年度小規模園に入れていたご家庭が多く、そこからの転園が多いのだそう。

私はぜんぜん知らなかったのですが、2歳までしか預かりのない小規模園と呼ばれる園に入れると、転園の際の加点が多いそうですね。

転園はしにくい(すでに入れているから審査の際に不利になる)と思っていましたが、それは通常の認可園どうしの話で、小規模園からの転園は「園の都合で転園を余儀なくされる」という意味合いもあるから、加点が大きいみたいです。

そのため、事前リサーチで希望園の入園が厳しそうとわかったら、あらかじめ小規模園に入園させておき、1年後までの転園を狙うというご家庭もあるそうで(2人目の場合も、そうでない場合も)。

確かに、保育園って5年も通うわけだし、転園させてでも希望する園に入れたいのはよくわかります。ましてや兄弟で2年以上通うのであれば、何が何でも同じ園にしたいですよね…。

うちの場合は、もしお兄ちゃんと同じ園に落選しても、そもそも1年しか在園期間がかぶらないので、利便性という意味での転園の必要はありません。

ただ、今の園の方針が気に入って選んでいるので、もしダメだった場合、やっぱり転園させたいと思う…ような気がするなぁ…。

ってことは、そのために、最初の1年はあえて小規模園に…?

いやいやいやいや。

来年は、加点1点で入れるかもしれないしね?

でも、保活は年々厳しくなっているっていうし…。

どうなのどうなのどうなんだ。

とかなんとか…まだまだ先と思っていた保活が、突如眼前に迫ってきた感じです。

なんだかなー(;´д`)

スポンサーリンク
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ランキングに参加しています。よろしければ、応援クリックお願いします(´ω`*)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
おすすめ記事
おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする