謝罪しちゃいけない決まりでもあるの?

今日、まつげエクステに行ったときのこと。

私はすでに施術が完了し、目を閉じたままグルーが乾くのを待っていました。

そこへ、次の時間の人が隣のベッドに入ってきて、担当さんと話し始めたんですが…

担):今日は前回と同じデザインで100本ということで承っております。何かご希望等ございますか?

客):希望ではないんですが、実は前回やってもらったのが、すごく取れやすくて。1週間もしないうちにバサバサと取れてしまって…

担):そうでしたか〜(*^^*)
↑この顔文字くらいの朗らかな声音で

客): …………。

あ、えっと、この日のために〜っていう日があったんですけど、どんどん落ちちゃって…ちょっと困ってしまって…

担):そうでしたか〜(*^^*)
↑不自然なくらい朗らかな声音で

客): …………。

あの、ずっと同じ内容でやってもらってて、気をつけることも守ってたんですけど。今まで一度もこんなことなかったんで、どうしようって慌ててしまって…
どうしちゃったんですかね…?

担):そうでしたか〜(*^^*)
↑(略

まつげは、先に生えてきたものから、抜けていきますからね〜。元のまつげが抜けると、エクステも取れてしまうんですね〜。本日は、同じ内容でよろしいですか?

客): ……あ…はい、お願いします…。

いやいやいやいや。

て、店員さん…?

とりあえず、ひとこと、申し訳ございませんでした的なことは、言えないかしらね?

申し訳ない、じゃなくてもいいけど、せめて「ご期待に添えなかったようで…」的な、恐縮してる風の態度は取れないものか。

だってさ、何度もリピートしてる優良顧客が、いつも通りお願いしてて、前回だけ明らかに、著しく、持ちが悪かったって言ってるのよ?

サービスを提供する側の人間として、普通〜に、自然〜に、「あらあらそれは申し訳ありませんでしたねぇ」っていう気持ちにならないものか。

そんで、とりあえず、当店のサービスにご満足いただけなかったようで申し訳ない。

け〜ど〜も、

実際のところどうだったのか、何が原因だったのか、わからないと対策も講じられないから、詳しく聞かせて?

ってなるんじゃないの?

私なら、なるけどなぁ。

サービス業やったことないけど、なる。

なんせね、このサロンは担当制じゃないから、毎回施術する人が違うのよ。

全員が全員、全く同じ技術レベルじゃないだろうから、もしかしたら前回の担当者が、あんまり上手にできてなかったのかもしれないじゃない。

わかんないけどね。

で、もし前回の担当も自分だった(腕に自信あり〜)とか、前回は店一番の技術者が担当したとかで、提供したサービスに落ち度はなかったという絶対の自信があるのだとしたら、それはそれで、説明すればいいじゃない。

そして、「なのにバサバサ取れちゃった」ことの原因として考え得ることを示して、客の側に落ち度はなかったかを、確認したらいいじゃない。

どうせ、原因なんてわからないんだけどさ。

でも、「バサバサ取れちゃった」という不満は、現実に発生しちゃってるんだからさ。

相手がクレーマーなノリでいちゃもんつけてるわけでもない以上、普通に申し訳なさそうにしつつ、「今回はご期待に添えるよう、いつも以上に注意してしっかりつけておきますね♡」とか言っとくほうが、会話として(客が)気持ちよくないかい?

サービス業なんだからさ。

もちろん、なんでもかんでも謝れとは思わないし、業種によっては簡単に謝ったりしないほうがいいケースもあることは理解できるけども。

今回のはね、耳に入ってきて普通に違和感を覚えるような会話だったので、なんだかこっちがモンモンとしてしまいました。

客も客ですけどね。

お金払ってサービス受けるんだから、もう少し不満や要望をはっきり伝えてもいいんじゃないか。通るかどうかは別として。

いや、でもホント、あの頑ななまでのスルーはなんだったんだろう。(しかも最後の説明も意味不明だし)

客に謝罪してはいけないルールでもあっのかしら(´・ω・`)?

スポンサーリンク
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ランキングに参加しています。よろしければ、応援クリックお願いします(´ω`*)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
おすすめ記事
おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする