子供の歯並びと反対咬合の矯正について、歯科医に相談。

現在5歳のお兄ちゃんは、3歳くらいから、歯科検診で反対咬合(受け口)を指摘されています。

それもそのはず、夫が反対咬合だった(大人になってから治療した)ので、これはもう運命。遺伝なのですね。

それで、最初に指摘を受けた時に「やっぱりなー」と思うと同時に、矯正をどうしようかなと考えたのですが、

  • 現状、それほど目立たない(重度でない)。
  • あまり早期に治療しても、骨の成長とともに状態が変わる可能性が高い。
  • 近所のクリニックでも「永久歯に生え変わる前くらいから始められると良いですね」との意見をもらった。
  • 何かしらの装具を着けて矯正することを考えると、話してわかる年齢になってからの方がスムーズにいく気がした。

という理由で、しばらく様子を見ていました。

そうこうするうちに、お兄ちゃんも5歳になり、歯磨きの際に「なんか○○くんの上の歯、ギザギザしてるんだよね」と気にするようになってきました。

反対咬合は上顎が小さいため前歯が綺麗に横並びにならず、ガタガタするんですよね。それが気になると。

それで、もともと5歳の秋くらいに受診を〜と思っていたので、良いタイミングかなと思い、専門の歯科クリニックの受診予約を入れました。

すると、最初から「矯正相談」というメニューになるのかと思いきや、まずは「矯正相談が必要になりそうかどうか」を診るために、普通の診察をしますとのこと。なるほど。

絶対に矯正が必要だと思いますけどね(^ ^;

そんなこんなで、来週診察してもらってきます。

ちなみにお兄ちゃん、寝ている時に歯ぎしりをすることがあるんですよね。それも気になっているので、一緒に聞いてこようと思います。

スポンサーリンク
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ランキングに参加しています。よろしければ、応援クリックお願いします(´ω`*)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
おすすめ記事
おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする