【初診】おおよそ30~40万円かかります。

5歳長男の反対咬合(受け口)の治療記です。

先週問い合わせをして、昨日が初診でした。

最初に口の中のレントゲンを撮ったのですが、もうこれだけで、治療開始を今の時期まで待って良かった…と心から思ったワタクシ。

だってね? あのレントゲンで使うズッシリ重い防護エプロン(こんなやつ)をつけて、小さなイスに立膝になって(座高が足りないため座れない)微妙な高さ調整をしつつ、暗い部屋に1人残されて一定時間動かずに我慢するなんて、半年も前だったらとてもできなかったもの。

でも、現在5歳のお兄ちゃん。しっかり看護師さんの話しを聞いて、頑張って撮影できました。

そして、写真を見ながらの説明では、「確かに反対咬合だけれど、歯の数はあっているし、奥歯は正常なので、おそらく夜寝るときにマウスピースを付けるだけの矯正になると思います。」とのこと。

ただし、マウスピースを作るには型を取らねばならず、その型取りをイヤがってできない子が一定数いるとのこと。

もしできなかった場合は、本人が我慢してできるようになるまで待って、その間は対症療法を行いますと。
対症療法?

対症療法ってなにさ(´・ω・`)

スプーンや割り箸で押し出す的な、アレ?

ちょっとよくわかりませんでしたが、詳しくは専門医の診断時にとのことで、この日は終了。

最後に歯のクリーニングをしていただいたのですが、反対咬合のお兄ちゃん、上の歯がガタガタしていて重なり合う部分が多い(反対咬合の子は上顎の幅が狭く、前歯が綺麗に一列に並ばないことが多い)ため、汚れが溜まりやすいとのこと。

普通の歯並びの子よりも虫歯にもなりやすいので、これからも注意して仕上げ磨きをしてあげてくださいと言われました。

了解です∠(・_・)ラジャ

でも、今のところ、一度も虫歯になったことのないお兄ちゃん。

フッ素も塗ってないし歯磨き粉も使っておらず、歯並び的にもリスクが高めな中で「虫歯ゼロ」を保てているのは、なかなか優秀なんじゃないかしら。

私が虫歯できない人なんで、もしかすると、体質とかあるんでしょうかね。

ちなみに我が家の大人が使っている歯磨き粉(粉じゃないけど)は「パックスジェルはみがき」というやつですが、これとっても優秀です。

発泡剤も研磨剤も防腐剤も合成界面活性剤もフッ素も入ってなくて体にやさしいし、清涼感がちょうどよい。そして、このはみがきのおかげかどうかは不明ですが、虫歯ができやすい夫の虫歯もできなくなりました。

こども用「パックスこどもジェルはみがき」もあるので、最近「歯磨き粉つかってみたい」と言い出したお兄ちゃん用に、買ってみようと思っています。歯磨き粉って特に必要とは思ってないんですが、サッパリ感があるとやっぱり気持ちいいし、コレなら使っても良いかなと。

あと最近よく広告を見かけるBRIAN(ブリアン) って、どうなんでしょうね? 成分的には問題なさそうだし、かなり先進的な処方で効果ありそうだけども。ちょっと高い〜(^^;)

と、話が逸れましたが、そんなこんなで、初診終了。次は専門の先生の診察です。

うまくいけば、その日のうちに型取りまでできるかも、とのことでした。

そして、ものすっごい爽やかな笑顔で

「そうそう。費用ですが、治療方針が決まらないと正確なことは言えませんが、

おおよそ30〜40万円かかります〜(⌒-⌒)ニコニコ

と言われました。

……(⌒-⌒)

………(⌒-⌒;)

か、かしこまりました。。。

スポンサーリンク
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ランキングに参加しています。よろしければ、応援クリックお願いします(´ω`*)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
おすすめ記事
おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする