お台場の「レゴランド東京」おでかけレポ。混雑状況、お得なチケットの買い方は? カフェメニューは何があるの?

dsc03272

お兄ちゃんに初めてレゴを買い与えた1歳の頃から、ずーーーっと行ってみたかった「レゴランド東京」。

どうせ行くならしっかりガッツリ楽しみたかったので、休みの取れた平日に行ってきましたよ。

思った通り空いていて、たっぷり5時間遊びつくした我が家。

今回は、そんなレゴランドのおでかけレポートをお届けします! 楽しみ方のポイントや、カフェテリアのメニュー情報もありますので、これからおでかけの方は、ぜひ参考にしてくださいね。

レゴランド東京に行く前に。混雑状況チェックと前売りチケット予約は必須!

テーマパークに行く際に、まず気になるのは混雑状況ですよね。(あれ、違います? 我が家は混雑が何よりも苦手なので、イチも二もなくコレを気にします!)それと、可能な限りお得なチケットの入手法。こちらも気になります。ということで、まずはその2点を確認しておきましょう。

レゴランド東京の混雑状況は?

レゴランド東京はお台場という人気の観光地にありますので、土日祝日などの休みの日は、当然のごとく混雑します。以下は、各曜日の時間ごとの混雑推移をグラフにしたもの(※Googleでレゴランドを検索すると出てきます)。データの取得方法が万人向けになっていないため正確な数ではないですが、目安にはなるかなと。
【2016年10月25日の検索結果より】

mon
tue
wed
thu
fri
sat
sun

このグラフを見ると、土日では土曜日の方が空いていて、平日では水曜日が一番空いているようですね。我が家が行ったのは木曜日ですが、かなり空いていて快適だったので、水曜日なんてもう、天国なんじゃないでしょうか。次は水曜日に行ってみようかな!

もし土日に行くなら、15時以降が良さそうですね。レゴランドは16時以降の入場だと安くなるチケットがあるのですが、このグラフを見る限り、そのせいで劇的に人が増えるということもなさそうですし。

レゴランド東京のチケットの買い方は?

さて、混雑状況が分かったら、次はチケット購入です。レゴランドは3歳以上は全員チケットが必要なので、なかなかお金がかかります。が、公式サイトでかなりお得な前売りチケットを売っていますので、ぜひこちらを利用しましょう。当日に窓口で買うより最大700円も安くなりますよ!

また、混雑時に入場規制がかかるような場合でも、前売りチケットを持っていれば、優先的に入れます。なので、前売りチケットの購入はマスト! 必ず事前に購入しておきましょう。

レゴランドのチケット料金(2016年10月現在)※11月に改訂予定

当日チケット:2,400円

オンライン前売りチケット(10時〜16時の入場)
平日:1,950円、土日祝:2,100円

オンライン前売りチケット(16時以降の入場)
すべての曜日:1,700円

平日限定親子チケット(※長期休暇中の販売なし)
大人+小学生以下の子供1名:3,200円、追加メンバー:1,850円

他にも年間パスポートなどいくつかのチケットがありますが、だいたいは上記4種類のどれかになるのではないかと思われます。

一番お得なのはひとりあたり2,400円1,600円になる親子チケットですが、こちらは平日限定な上に、数に限りがあるようなので、買いたい場合は早めの手続きがおすすめです。

我が家は前日の夜に買おうとしたら、予定枚数が終了していました。朝チェックした時にはあったので(く、悔しい…!)、少なくとも前日の午前中には買っておくのが良さそうですね。

いざ、レゴランド東京へ! 楽しみ方のポイントを押さえて、思い切り遊ぼう

混雑状況を把握してチケット予約が済んだら、あとは現地での注意点を2つほど。全体の満足度を左右しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

まずは「マスター・ビルダー・ワークショップ」の予約を

レゴランドでは、レゴ職人やスタッフの方に教わりながら作品を作ることができるワークショップが開催されています。1回20分程度で、内容(レベル)を変えて1日に何回か開催されているのですが、各回ごとに人数制限があるので、事前の予約が必要です。ワークショップルーム前でスタッフさんが案内をしていますので、入場したらアトラクションで遊ぶ前に、まずこちらで予約することをおすすめします。

ちなみに我が家が参加した回は、「カボチャをつくろう」でした。

dsc_0148

季節に合わせた内容になっています。クリスマス時期にも来たいな〜。

dsc_0217

インベーダーじゃないよ。カボチャだよ。

とっても可愛いかカボチャができて、我が家のお兄ちゃん大満足♡

簡単にできるのに素人では思いつかないような組み方をしていて、大人の私も関心してしまいました。

このワークショップ、すごくおすすめです。自宅に帰ってからも応用して遊べるようになるし、その場の楽しみ以上の良さがあります。他の回も参加すればよかった!

レゴランド内のカフェでランチをするなら、早めの時間が吉!

レゴランドにはカフェがあるので、ランチやお茶休憩などができます。

dsc_0100

平日午前11時の様子。さすがにまだガラガラです。

このように、空いている時間帯もありますが、お昼時には平日でもしっかりビッシリ埋まりますので、土日祝日に行くのであれば、時間をずらす(早めに行く)必要があります。

特におにぎりやサンドイッチなどのショーケースに並んでいるお手軽メニューは早々に売り切れてしまいますので、朝ごはん抜きでブランチするくらいの気持ちで早めにカフェに行って、食料をGETすべし!です。

我が家はアトラクションを最大限空いた状態で楽しむべく、みんながランチを取っている時間帯にあえて遊んでいたのですが(←どこまでも混雑嫌い)、その後13時ちょっと前にカフェに到着したら、もうほとんど売り切れ…。危うくお昼ごはんを食べ損なうところでした。

ちなみに、そこから光の速さでGETしたメニューがこちら。

dsc_0247

ん? コンビニ??? そう。申し遅れましたが、全体的にそういう感じです。

dsc_0246

カレーなど、ホットミールも少しありました。容器もレゴ仕様。写ってませんが、ドリンクのカップもレゴ仕様。

これ全部で3,000円くらいでした。まあ、割高ですよね。とはいえ、レゴランドは再入場も飲食の持ち込みも不可なので、途中で何か食べるとしたら、このカフェを利用するしかありません。この割高感はちょっと…という場合は、前後に外で食事をした方が良さそうですね。

ちなみに味は、いたって普通です!(笑)

カフェテリアの主なメニュー(※価格は2016年10月現在)

カレーライス、照り焼きチキン丼、ミートボールライス
それぞれ 単品:800円 ドリンク付き:950円

キッズおにぎりBOX(おにぎり、からあげ、肉団子、タマゴ、ポテト)
キッズハンバーグBOX(ハンバーグ、ごはん、フライドポテト、オムレツ、ミニトマト)
それぞれ 650円

サンドイッチ類
250円〜650円

ポップコーン(塩、キャラメル)
紙カップ:350円 スーベニアケース入り:1000円(※ディズニーのポップコーン容器みたいなやつです。)

値段を把握できているのはこんな感じで、この他にも、写真に写っているおにぎりや、小さい丼モノ(500円くらいだったかな)、デニッシュやパウンドケーキなどがあります。

ここから先は当日レポート。5時間たっぷり遊びました!

ということで、ワークショップとカフェテリア攻略のポイントを押さえつつ、あとは思い思いにたっぷり遊びましょう!

以下は、我が家の5時間の軌跡です。ハイライトでお届け!

アトラクション① レゴ®ファクトリー

まずはエレベーターを降りてすぐのレゴファクトリー。ここではその名の通り、レゴの製造過程を見たり体験できたり(映像や模型で簡易的に)します。この工場っぽい感じとたくさんのレゴで、子供は一気にエンジン全開!!! 大人もちょっとわくわくします。

レゴランド東京

平日の11:00ちょっと前。断続的に人は入ってきますが、こうやって無人の写真が撮れるくらいには空いています。

こちら↓は、体重をレゴ換算できるコーナー。右下の電光掲示板に換算後の数字が出ると思いきや、普通に体重測って一覧表で確認する仕様でした(笑)

dsc_0021

こうなってたら、普通、右下の数字がダララララ〜って動いてジャン!ってなると思うよね。

dsc_0032

ちなみに、約20kgのお兄ちゃんは、レゴブロック約8,000個だそうです。へー!

アトラクション② キングダムクエスト

順路通り進むと、次に登場するのがこのキングダムクエスト。乗り物に乗ってシューティングゲームをするアトラクションなのですが、私は0歳児と待機だったので、写真はなしです。

お兄ちゃんいわく、「暗くてちょっと怖かった…」とのこと。そして、シューティングもうまくできなかったと。5歳児にはちょっと早かったかな〜。

アトラクション③ ミニランド

東京の名所をレゴブロックで再現したジオラマコーナーです。これぞレゴランド!なエリア。大人はたぶんここが一番興奮するんじゃないでしょうか。だって普通にすごい。感動します。レゴ職人尊敬!!!

dsc_0054

銀座や渋谷の街並み、国会議事堂や国技館など、誰もが知っている名所がずらりと並んでいて圧巻です!

アトラクション④ レゴ®シティ プレイゾーン

レゴブロックのようにカラフルな、室内アスレチックです。子供たちの一番のお楽しみが、ここなんじゃないでしょうか。

dsc_0241-1

140cm以下の子供が遊べます。大人は付き添いで中に入れますが、登るのはNG。

dsc_0233-1

ものすごい勢いで上り下り! 靴下は脱ぐことを推奨します。お兄ちゃんも途中で気づいて脱ぎました。

dsc_0235-3

ぬるんと出てくる様子がおもしろい(笑) 大人が見ても楽しそうな遊具です。

dsc_0235-2

大人気のチューブスライダー。常に誰かが滑ってます。我が子が出てくると思ってカメラ構えてたら違った、ということが何度も(笑)

よくよく考えるとレゴブロックとどう関係があるのかわかりませんが(笑)、このアスレチックだけでもレゴランドに来る理由になるくらい、子供たちは楽しそうに遊んでいました。

もう少し家が近かったら、年間パスポート買って公園代わりに毎日来てもいいくらいだな〜。

ただし、ここは混雑しているとかなり危険な気もしますので、やはり思い切り楽しむとなったら平日推奨です。身長140cmまで入れるので、2歳の子もいれば、10歳の子もいるわけですからね。この日も何人かの小学生たちが全力で走り回っていて、空いていたから良かったものの、ちょっとヒヤヒヤしました。

アトラクション⑤ マーリン・アプレンティス

くるくる回りながら、ペダルを漕いで高く登ったり降りたりするアトラクション。ディズニーのダンボ的な? ちょっと違うか。こちらも私は0歳児と待機だったので乗っていないのですが、お兄ちゃんいわく「一番楽しかった!」とのこと。やっぱりこういうライド系は間違い無いですね。

dsc_0271

身長90cm以上から乗車できて、120cmまでの子供は付き添いが必要です。

アトラクション⑥ 4Dシネマ

30分に1回の上映で、2本のショートムービーが交代でプログラムされている4Dシネマ。風が吹いたり、水がかかったり、座席が傾いたり(傾いているように感じるだけ?)と、臨場感あふれる演出を楽しめます。水やら雪やらが、けっこうかかってビックリ(笑) でも大迫力で大人も子供も楽しめました!

dsc_0312

最前列は優先席になっているとのこと。2列目以降に、自由に座れます。

アトラクション⑦ デュプロ®ビレッジ

小さな子向けのスペース。大きくて柔らかいレゴブロック(レゴソフト)がたくさんあって、安全に、且つダイナミックに遊べます。カーペットなので、ハイハイもできますよー。我が家の次男坊、ようやくのびのびと遊ぶことができました。

dsc_0384-1

のびのび…?

アトラクション⑧ レゴ®レーサー:ビルド&テストゾーン

車を作ったり走らせたりできるコーナーで、幼児よりも小学生が多いエリア。あとパパさん。みんなすごく真剣に作っていて、熱いバトルを繰り広げていました。我が家のお兄ちゃんも、もう少し大きくなったら、ここから動かなさそうだな〜(笑)

dsc_0418

写ってませんが、子供よりもむしろパパさんたちのほうが本気モードでした。

と、このあたりまでで、滞在時間4時間半くらい。大人はもうヘトヘトです。。。

本当は、まだあと「シティビルダー」とか「レゴ®シティトレインワールド」とか、見ていないところがあったんですが、さすがにもう無理〜と思って、お兄ちゃんをなだめてこの日は終了させてもらいました。

終了と言っても、このあと出口にたどり着く手前に、魔の「レゴランド・ディスカバリー・センターショップ」があるんですけどね。ええ、もちろん立ち寄りましたとも。

で、そこまで含めて、トータル5時間ほどの滞在となりました。平均滞在時間は3時間くらいとのことだったので、だいぶ満喫したほうだと思います。

お兄ちゃんいわく、「走ったり飛んだりするところ(プレイゾーン)で、まだまだ遊びたかったのに…。」だそうですけどね。5歳児の体力、恐ろしいな!

ということで、我が家のレゴランドおでかけレポートは、これにて終了です。

【おまけ】レゴランドの授乳室

レゴランドは、授乳室もレゴ仕様。カラフルで可愛い〜。広さはあまりなく、写真にあるとおり、カーテンで仕切られた授乳スペースが2つと、水道があるのみ。青い椅子の方は、ちょっと使いにくそうかな〜。おむつ替え台は、多目的トイレの方にありました。

image

赤いソファ、想像以上に座り心地良くて快適でした!

image

普通の水道です。調乳用の給湯器があるとなお良しですかね。求めすぎ?

全体の感想とまとめ

ひとことで感想を言うならば、「すごく楽しかった!」でしょうか。(←陳腐)
屋内の施設ですし、規模的にはそれほど大きくないにも関わらず、よくできてるな〜という感じ。屋内テーマパークでは、一番リピートしたい施設になったと言っても過言ではありません。

ただし、「空いているなら」という条件付き。ここはもう完全に、心から、平日もしくは夕方以降推奨。混んでいたら、まったく楽しめないと思います。楽しめないというか、子供は、まあさほど気にせず遊ぶかもしれませんが、付き添いの大人が苦しい。屋内で開放感が無い分、混雑時のストレスはディズニーランドの比じゃないと思われますし、目玉のプレイゾーンが、混んでいると危険過ぎて気が休まらない。

なので、レゴランドに行くと決めたらば、全力で平日の予定をやりくりしましょう。そうしてでも行く価値は、あると思いますよ!

レゴランド・ディスカバリー・センター東京https://www.legolanddiscoverycenter.jp/tokyo/
〒135-0091
東京都港区台場1-6-1デックス東京ビーチ アイランドモール 3階
TEL:03-3599-5168

営業時間
<平日>10:00~20:00 ※最終入場18:00
<土日・祝>10:00~21:00 ※最終入場19:00

スポンサーリンク
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ランキングに参加しています。よろしければ、応援クリックお願いします(´ω`*)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
おすすめ記事
おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする