【保活】小規模園に内定した次男。早々に普通園への転園申し込みをします!

前回の記事で書きましたが、我が家の次男坊は、お兄ちゃんとは別の小規模園に入園が内定しています。

【保活】認可保育園申し込み結果通知が届きました。第一希望は落選……
我が家にも、保育園入園申し込みの結果通知が届きました。 これまでの保活の記録はこちら。 封書の小窓の部分から決定した保育園名...
面接等はまだですが、まあ、余程のことがない限り、決定と言っていいでしょう。

で。

小規模園というのは、皆さんご存知の通り2歳児クラスまでしかありませんので、遅かれ早かれ、普通園に転園しなくてはなりません。

転園しなくてはならない(園の都合で転園を余儀なくされる)分、うちの自治体では「調整点数」の部分で2点の加点があるため、ほとんどの人がそれ狙い。

「小規模園にしか入れなかった〜」ではなく、「小規模園に入れて有利に転園させるぞ!」という前向きな選択としての小規模園なのです。

過去記事にも書いていますが、私も先輩ママさんからこの方法を知って、迷った末に今回採用。

【保活】想像以上に厳しいようで…
私の住む自治体でも、保育園受入可否の通知が各家庭に届けられたようです。 我が家の次男はまだ先ですが、今年の4月から下の子の入園を希望し...

必ずしもうまくいくとは限りませんが、我が家もお兄ちゃんと同じ園への転園に向けて、この4月選考(5月入園)分から、熱烈申し込み予定!

ベストは、兄弟加点と小規模園加点の両方がつくこの1年の間に、空きが出ることです。

年度途中の転園はかなり望み薄ではありますが、転勤の多い10月など、可能性がゼロなわけではありません。

お兄ちゃんの学年を見ていても、毎年2~3人は入れ替わりが発生していますしね。運が良ければ…と言ったところでしょうか。

でも、去年の乳児クラスでは、残念ながらそのパターンでの年度途中入園は無かったとのこと(>_<)

まあ、そんなにうまくはいかないですよね。。。

で、もし今年も1歳の年度途中での入れ替わりが無かった場合、次のチャンスは3歳の4月。

2歳の4月もチャンスではあるのですが、1歳から2歳だと増員枠が少ないことと、2歳児はそもそも競争率が高いため、2点の加点があってもやっとこボーダーなのです(あくまでもお兄ちゃんの園は、の話です)。なので、申し込みはしつつも、そこはあまり期待せず。

心静かに待ち、枠が(どこの園も)グッと増えて、競争率が下がる3歳の4月に、2点加点で転園する。これが最終目標です。

は、、、果てしない…。

果てしないけど、そうしないと希望園に入れないんだから、仕方ないですよね。

こだわらなければ、今回の選考でもきっとどこかの普通園に入れたけど、やっぱり大事な我が子を託す以上は、こだわりたい。

もちろん、3歳の4月転園の申し込みに関しては、お兄ちゃんと同じ園だけにこだわらず、第二希望以下も書けるだけ書くつもりです。さすがに、どこにも入れないと、マズイのでね。

というわけで、ルン子家の保活は、まだまだ続くのでした。(第一部:完)

※ちょっと話が逸れますが、必要事項を確認しようと先ほど役所に電話をかけたところ、ぜんぜん繋がらない〜からの、超疲れきった声での応対!に、苦笑い。きっとものすごい数の問い合わせ(主にクレーム)をさばいている最中なのでしょうね。。。

スポンサーリンク
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ランキングに参加しています。よろしければ、応援クリックお願いします(´ω`*)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
おすすめ記事
おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする