小規模保育園が、なんだかとても良さそうな感じ

以前の記事にも書きましたが、我が家の次男くんはお兄ちゃんと一緒の保育園に入ることができず、第二希望の小規模園に内定しました。

【保活】認可保育園申し込み結果通知が届きました。第一希望は落選……
我が家にも、保育園入園申し込みの結果通知が届きました。 これまでの保活の記録はこちら。 封書の小窓の部分から決定した保育園名...

今日は、その保育園に書類を受け取りに行ったのですが、そこでちょっと嬉しいことが。

たまたま駐輪場のところで遭遇したママさん(面識はなし)に「4月からお世話になることになったので、よろしくお願いします〜」と声をかけたところ、

「ここの園に決まったんですか? それはよかったですね!!!」

と満面の笑みで言われたのです。

そのママさんのお子さんはすでに3歳とのことで、4月からは別の園になるそうなのですが(小規模園は2歳児クラスまで)、3歳以上のクラスがあれば断然残りたいくらい、今の園が気に入っているのだそうです。

先生方はいつも明るくてほがらかだし、子供のことをよく見てくれているし、本当にいいですよ!と。

確かに先生方の対応のよさは、私も感じていました。

書類を受け取りに行ったときも、登園ピーク時間であわただしかったにも関わらず、皆さんしっかり私の顔を見て挨拶をしてくださっていましたし。

それこそ、ロッカーの陰で姿が見えていなかった方も、奥の部屋にいた方も、いったん手を止めてひょこっと顔を覗かせて「おはようございます!」ってにこやかに言ってくれたんですよね。

本人たちの資質なのか、教育の賜物なのかはわかりませんが、それらに加えて、比較的ゆとりのある労働環境が影響していることは、間違いないかなと感じました。

こちらの記事にも書いたんですが、

【保活】小規模保育園に見学に行ってみたら、想像以上に良かった件
我が家が第二希望以下に考えている保育園のうち、ひとつは小規模認可保育園です。 先日、その園の見学会に参加してきました。 認可とは...

小規模園って、職員加配のルールがあるんですよね。通常の園より、子供に対する職員の人数が1人多いの。

で、うちがお世話になるこの園は、運営母体の独自のルールで、自治体の規定よりさらにもう1人加配があるのです。

つまり、通常の園と比べて、職員がプラス2人。

だからって保育士さんの仕事が激務で大変であることには変わりないのですが、それでも乳児の相手をするにあたって、大人2人分の余裕って、かなりの違いを生むと思うんですよ。

物理的にはもちろんそうだし、精神的にも、かなり。

やっぱりそういうのが、出てるんじゃないのかなぁと思います。

私と職員の皆さんとの接触なんて、まだ朝の挨拶だけなんですけどね。たかが挨拶、されど挨拶なんですよ。やっぱり。

ほがらかなの、大事。

ピリピリしてないの、大事。

そんなわけで、全国の保育士さんたちの労働環境(人員配置だけでなく、お給料もね!)が少しでも良くなることを、保護者の立場からも切に願った朝なのでした。

スポンサーリンク
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ランキングに参加しています。よろしければ、応援クリックお願いします(´ω`*)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
おすすめ記事
おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする