貯蔵鉄が増えない。次男の鉄欠乏性貧血がなかなか良くなりません…

生後10ヶ月の頃に偶然発見された、次男の鉄欠乏性貧血。

インクレミンシロップという鉄剤を1日3ml飲む投薬治療を始めて、まもなく5ヶ月になります。

これまでの経過はこちら。
http://hahamemo.jp/?cat=30

保育園入園前の治療卒業を目指していましたが、ヘモグロビン値こそギリギリ基準値を超えてきたものの、貯蔵鉄(フェリチン)のほうが、悲しいくらいに増えません。。。

先週行った血液検査の結果も、なかなか厳しい内容でした。

スポンサーリンク

貧血の投薬治療5ヶ月目のヘモグロビンとフェリチンの値は?

ヘモグロビンの値は簡易検査で調べられますが、貯蔵鉄(フェリチン)のほうはしっかり採血しないと検査できません。

今回は、大泣きする次男を看護師さんに託して、3ヶ月ぶりの採血をしての検査となりました。

その結果は…

<ヘモグロビン>基準値10.0g/dl
1回目 5.8g/dl
2回目 7.3g/dl
3回目 9.9g/dl
4回目 11.2/dl
今回 10.7g/dl

<フェリチン>基準値39.4〜340ng/ml
1回目 8.1ng/ml
今回 11.6ng/ml

ヘモグロビン、10は超えてますけど、前回より下がってますね。。。本当は12とか13とかあるのが理想らしいので、本当にまだギリギリというところです。

そして問題の貯蔵鉄。

基準値の一番下が39.4で、次男くんが11.6。桁違いだった前回よりはマシですが、たったの3ng/mlしか増えていません。

これ、インクレミンシロップ(と、食事)で補給している鉄と、日々排出される鉄の量が同じくらいで、貯蔵鉄にまで回っていないってことですよね。

THE 自転車操業!!

これっていつかは貯蔵鉄に回るようになるんでしょうか。。。

そもそも、本当にただの鉄欠乏性貧血なの? 何かの機能面の問題ってことはないの???

と、いろいろ心配になる私。

でも、先生いわく、一応鉄剤に反応はしているし、他に気になる所見もないため、もうしばらく様子見で大丈夫と。

それに、これから食事量も増えて、レバーや赤身肉などのヘム鉄もしっかり摂れるようになるし。鉄剤の量も増やせるしと。

ということで、今まで朝昼晩1mlずつの計3mlだった鉄剤が、(保育園も始まるしということで)朝晩2mlずつの4mlに増えました。な、なんという微増…!!!

まあ、鉄剤はあくまでも補助的な役割ですからね。

食事でがんばるしかないです。

ヘム鉄が豊富で子供の食事にも使いやすいっていうと、レバー、あさり、牛ひき肉あたりでしょうかね?

レバー、あさり、牛ひき肉。

レバー、あさり、牛ひき肉。

レバー、あさり、牛ひき肉。

呪いのようにつぶやきながら、献立を考えようと思います。

スポンサーリンク
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ランキングに参加しています。よろしければ、応援クリックお願いします(´ω`*)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
おすすめ記事
おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする