【ラン活2018-③】池田屋のランドセルを見に行ったら、即買いしそうになるくらい良かった話

予定通り、池田屋カバン(ぴかちゃんらんどせる)のショールームに行ってきました!

これまでのラン活記事はこちら。

【ラン活2018-①】大手メーカー系?工房系? スタート前から息切れ状態のランドセル選び
まったくもう…、、、 婚活だの妊活だの保活だのラン活だの…なんでもかんでも名前つければいいと思って!!! という...
【ラン活2018-②】モチベーションだだ下がり…しかし地球NASAのランドセルは良かった話
我が家のラン活の記録です。 行ってきました、百貨店。 結論から言うと、もともと微妙だったモチベーションが、さらにダダ下が...

工房系ではメジャーどころの池田屋さん。ありがたいことに銀座コアの4階に店舗が入っているので、職場が銀座エリアのわたくし、お昼休みにサササーッといってこれちゃいましたよ。

平日昼間なので、空いてる~♪(´ε` )

混雑大嫌いの私にとっては、もうそれだけで9割好印象。←

そんな好調な滑り出しに加えて、さらに。

私がショールームに入って男の子ランドセルのエリアに落ち着いた頃、

ちょーーーうど良いタイミングで、

心地よーーーい距離間で、

スタッフの方が話しかけてくださいました。

そして、私の期待する「売る側の専門性と積極性」を惜しみなく披露してくださり(惜しみないけど、押し付けがましくない。素晴らしい)。

そのおかげで、15分もしないうちに、池田屋ランドセルの特徴、他社との違い、選ぶ際の視点の持ち方、世の中の最近の傾向、6年間使った方の声…などなど、もうこれ以上知りたいことは1つもありませーん!というくらい、商品に対する理解を深めさせていただきました。

これよコレコレ! こういうのを待ってたの!!!

で、そんな池田屋さんのランドセル。私が良いなと思った特徴を列記すると…

●本皮と合皮とで強度(耐久性)の差がない。
→「軽くて丈夫」を重要視しているので、基本合皮で考えている我が家。なので、合皮なのに本皮と同じくらいの強度というのはありがたい。

●型は一種類のみで、色と素材の違い(=価格の違い)のみで展開。

●縫い目(針穴)が多いほど強度が下がるため、装飾のための刺繍は一切しない。

●より安全性を高めるために、金具はできる限り使わない。
→首の後ろに位置する金属フックをナイロンテープに。背負いのバックルベルトをギボシベルト(尖ったピンがないもの)に。
私が金具あんまり好きじゃないので、これはとても好印象。

●かぶせの留め具が自動ロックになっていない。
→ロックかけ忘れてランドセルの中身がドバーッと出ちゃうのを防ぐために、多くのランドセルで採用されている自動ロック。
ですが、複雑で繊細な作りの自動ロックは少しのズレでロックがかからなかったり、故障もしやすいとのことで、池田屋さんでは採用していないそうです。
また「自動で閉めてしまうのではなく、しっかり閉めようと意識させ、習慣づけることが大事」ともおっしゃってました。ここ共感! めちゃ共感!

●6年間、壊しても壊されても無償修理保証。長期修理中には代替ランドセルの貸し出しも。

と、こんな感じですかね。

とても納得感のある、心配事のないランドセルだなという印象。

デザインもシンプルで好みだし。ネイビーやグリーンも深い色味でかっこいいし。

この中でなら、どれを選んでくれてもいいよ! と思った母でございます。

むしろ、たった今「これください」と言いそうになったくらいよ。

ちなみに、帰り際にいただいたカタログを家でお兄ちゃんに見せたところ、びっくりするくらい食いついてました。

百貨店で見せたあのやる気のなさはなんだったんだというくらい、暇さえあればカタログを見てる。

そして、「これがいい!」と言って選んだのは、やはり「黒×カラーステッチ」。

なるほど。そこは変わらないのね。

ということで、なんかもう池田屋さんのランドセルに決定しちゃっていい気がしています。

数日前に土屋鞄さんからもカタログ届いたんですが、そちらは合皮の展開が少なく、お兄ちゃんの希望の色もなかったのでね。

大きいカタログが池田屋さん。手前が土屋鞄さん。

土屋鞄は本革メインだし、重厚感あって、本っっ当に素敵なんですけどね。素敵すぎて、うちのお兄ちゃんに買うには気後れする感じ(笑)

でも、皮の鞄としての素晴らしさはピカイチだなと思ったので、本皮希望の方にはとても良いのではないかな〜と。

しかし、うちは池田屋で!

善は急げで、来週あたりお兄ちゃんをショールムに連れて行って、決めてきちゃおうと思います(`・ω・´)

楽天でも買えるようです。それもアリか→池田屋カバン

スポンサーリンク
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ランキングに参加しています。よろしければ、応援クリックお願いします(´ω`*)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
おすすめ記事
おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする