評判の良い公立小学校のあるエリアに引っ越すという選択

昨日、郵便受けにマンション仲介業者からの広告が入っていました。

まあいつものことなので、封も開けずにゴミ箱へ〜と思っていたのですが、ふと見ると、「2020年の東京オリンピックまでに売り抜けましょう!」とのキャッチコピー。

つい、目が留まってしまいました。

もともとは特に売る予定もなく住み続けるつもりでいたので、不動産業界で言われている2019年問題なども「へ〜」くらいにしか思ってなかったのですが。

ここ最近、近所の公立小学校のことで悶々としていたこともあり、「引越し」というワードが頭をかすめ…

そうなると、マンションは売ることになるよねー

だったら、オリンピック前がいいよねー

なんなら、築年数もできるだけ浅い方がいいよねー

ってか、むしろ売るなら今年中(来春就学だから)じゃん!

と。

一気に脳内がマンション売却でいっぱいに。

広告って、効果あるんですね(笑)

とはいえ、そんな簡単に引越しできるわけもないので、「そういう選択肢もある」というレベルにとどめ。

あまり前のめりにならないように!と、自分に言い聞かせました。

そうは言いながらも、評判の良さそうな公立小学校を検索する私。←

しかし。アレだ。

評判の良さそうな小学校があるエリア=土地も家もお高い。

例外もあるかもしれませんが、まあ、当たり前にそういう感じですよね。

こんな記事も発見。

http://toyokeizai.net/articles/-/150729?display=b

いやー、みなさん熱心ですね!(そしてすっごいところにお住まいですね!)

てか、ここまで極端な情報を求めていたわけではないんだぜ(`・ω・´)

ないんだけれども、
今現在賃貸にお住まいで、就学前のお子さんがいらして、ご近所小学校の評判が芳しくない皆様におかれましては、参考程度に見てみるのも良いかもしれません。

スポンサーリンク
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ランキングに参加しています。よろしければ、応援クリックお願いします(´ω`*)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
おすすめ記事
おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする