子供の進路について考え、話し、盛り上がる。

小学校入学を半年後に控えて、お兄ちゃんの進路について考えることが多くなってきました。

以前の記事では、おかしなノリで中学受験を思い付いたような書き方をしましたが、真面目な話、お兄ちゃんの中受は、考えていなくもないのです。

子供のお弁当を作りた過ぎて、中学受験を妄想するにまで至った話
なぜか昔から、「子供のためにお弁当を作ること」に憧れています。 特に自分の子供時代に何かあったわけでもないんですけどね。普通に幼稚園と...

もちろんまだ未就学児なのであと何年かは様子見をしますが、現段階では学習意欲が高めなため、このまま育っていくようなら、中受もありかな~と。

ただ、男の子なことと、現時点での傾向が完全に数字と暗記が得意な知識系なので、だったら高校受験でも良い?気もしています。

女の子でこの条件なら、迷わず中受に導くんですけどね。

なので、今の傾向から大きく変わらず、でも本人が中受に興味を示さない(一応プレゼンはする)ようなら、高校受験。

あるいは、もし小学校中学年までに「思考力(センス)」「表現力」「創造力」方面での伸び代がありそうと感じたら、中受で都立一貫校を勧めたい(熱烈プレゼンしちゃうかも)と思っています。

というか、できれば後者で!というのが親としての本音。願い。

だって、大学受験するなら早めに環境を整えておくに越したことはないですし(入試改革のこともあり)、かと言って私学はお金かかりますからね…(^_^;)
(国立は、大学受験以外では視野に入れていません。)

まあ、あとは、勉強以外の夢中になれる何かが見つかったなら、それはそれで、そっち方面に進むのも良しですかねー?

ちなみに今だと、水泳が楽しいらしいお兄ちゃん。

毎週ウキウキとスイミングスクールに通いつつ、リオオリンピックの水泳競技(録画)を未だに繰り返し繰り返し観ています( *´艸`)水泳帽子かぶってw

いずれにしても、可能な限りは本人の意向を汲みつつ、最大限将来の糧となるような、そんな子供時代を過ごさせてあげたいなと思っています。

と、子供の進路のことを考え出すと、いろいろとキリがないな~というのが、最近の私と親友(小4女児のママ)の合言葉。

彼女の場合は、お子さんがもう4年生なのでね。

我が家よりもかなり具体的に、決断すべき局面にきていて。

先日も、5時間くらいノンストップで、子供の進路話で盛り上がりました。

結論は、
「子供は未来があっていいな~」と
「子供はお金がかかるな~」の
2つです(笑)

頑張って働かないとですねー。

スポンサーリンク
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ランキングに参加しています。よろしければ、応援クリックお願いします(´ω`*)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
おすすめ記事
おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする