【公文】どうする? メリット・デメリットあるけれど…とりあえず体験だけでも行くべきか

学童と並行して検討しているのが、公文の教室です。

公文式って、私個人としてはあまり好きじゃないので、子供たちにもやらせるつもりはありませんでした。

何が嫌って、「雑でもいいから速くこなす」みたいな癖がつくところ?

問題を速く解けることが悪いこととはもちろん思いませんが、字を雑に書いても気にならない、みたいな人間には絶対にならないで欲しい…。

あとは、進度ばかり気にして、そこに価値を感じすぎるようになってしまうところ。

速けりゃエライ。速く進むことこそが正義!!

みたいな?

そんな人、本当にイヤだわ…(*´д`*)

ただ、反復によって得るものがあることは確かだと思うし、時間をかけずに済む分野があることは、受験準備において大変な武器になるとも思う。

要は、そこらへんの使い分けというか、公文を勉強法のひとつとして、全体の中でうまくコントロールできるかどうか?というところが肝なのではないかと。

あとは、本人との相性ですが…

我が家のお兄ちゃんは、間違いなくハマるタイプなんですよね。

だからこそ、慎重にならざるを得ないというか。

のめり込まれても困る(`・ω・´)

なので、とにかく今は、公文式というものを理解することから始めようと、本を何冊か読んでます。

どんなことも、賛成意見・反対意見・中立意見をひととおり見てから判断したい質なので、結論を出すのはもう少し先になりそうです。

ちなみに今2冊目読んでますが(3冊目は図書館にて取り寄せ中)、単純に面白い!
知らないことを知ったり、他者の視点を共有できるのって、本当に楽しいですよね。

本って素晴らしいな。

読了して結論が出たら、また記事にしようかと思います。

それとは別に、せっかく無料体験の期間中なので、1回くらいは行ってみようかと。

案外イヤがったりして……( ̄∀ ̄)

スポンサーリンク
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ランキングに参加しています。よろしければ、応援クリックお願いします(´ω`*)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
おすすめ記事
おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする