【民間学童】決めました。でもまだ申し込めてません。早く落ち着きたい…


本日のランチ[MUJI cafe]

いろいろ迷っていた学童ですが、見学も一通り済ませ、第1希望を決めました。

前回検討していた4つ以外の、新たに発見した学童です。

ちょっとうちからは遠いのですが、広い敷地でのびのび遊べて、かつ週2でお勉強系カリキュラムがあるという、なかなかバランスの良い学童。

しかーし。

その学童、遠いだけあって、送迎ルートに我が家方面が入っていないのです。

でもどうしても諦めきれなかったので交渉してみたところ、送迎エリア拡大の検討はしてくださる(けっこう前向きに)とのこと(嬉!)

ただ、結論を出せるのは2月くらいとのことで、それまでは待ち…。

落ち着かない日々が続きますが、それでもできれば手に入れたい環境なので、大人しく待つことにしました。

そして、2月になって「けっきょくダメでした〜」となっても困るので、保険として第2希望の学童も予約。

予約というか、まあ、申し込みですよね。
入会金と施設費を納めました。

抑えのところに入会金払ってキープとか、なんか受験っぽいわ〜。

ということで、ひとまずどこにも入れないということは、なくなりました。

あとは、どちらに決まるかで学習面でのフォローの仕方が変わってくるので、そちらも両睨みで準備しなくてはいけません。

公文をどうするか、その他の学習系教室を検討するのかどうか、家庭学習のベースを何にするか、などなど。

学童によって鍛える部分が違うので、補完すべき要素も違ってくるんですよね。

さて、どうしましょ。

ちなみに公文は、リサーチの結果、候補から外す可能性が濃厚になってきました。

まだ捨てきれないところはあるのですが、

①もともと考えていた公文式のデメリットが、やはり誰の目から見てもデメリットであるらしいこと

②メリットとなる部分をうまく活かす「親力」に自信がないこと

の2点で、だんだん弱気になってきました。。。

今、前にも紹介した公文式に関する本の3冊目を読んでいるんですが、この3冊は、本当、読んでおいて良かったです。

賛否両論。否の方が多め(強め)。

それでも、使いようによっては、思っている以上に素晴らしい武器になりそうだな、とも思えるようになりました。

あとは、親の関わり方ですかねー。

もうちょっとだけ、悩んで見ます。

スポンサーリンク
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ランキングに参加しています。よろしければ、応援クリックお願いします(´ω`*)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
おすすめ記事
おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする