クリスマスプレゼントに学習系ゲーム。そもそもゲームやアプリで学ぶことをどう考えるか

仲良しのママ友さんたちとクリスマスプレゼントについて話していたところ、その中の1人が「ドラがな」を候補にしている、と言っていました。

「ドラ」って付いていたので、瞬時にドラえもんの何かだよね?と思って食いついて聞いたところ(長男、絶賛ドラえもんブーム中)、ひらがなとカタカナを書いて覚えるDSソフト、とのことでした。

ほほー。現代っぽいね。

そのママさんいわく、書き順がめちゃくちゃなのを直すために使いたいんだそう。

あと、小1レベルの漢字や、文章作成などもできる、らしいです。

なるほどーーー。

今って本当に、いろいろなことがゲームで出来るんですね。

あとは、アプリとか?

なんか進化し過ぎてて、おばちゃんまったく付いていけないわ💦

で、その話を聞いて、何人かのママさんが「いいねそれ!」と言っていたんだけれど、その感覚が、一般的なんですかね??

私は自分がゲームに馴染みがないからか、学習の領域にまでゲームが浸透してくることに、違和感を感じてしまうのです。

ゲーミフィケーションそれ自体は有効な気がするんですが、なんだろう、なんか、ゲーム機やタブレットを使った学習には、馴染めないんですよね。

紙と鉛筆を使ったアナログな学習の積み重ねの方が、安心感があるんです。(古いのかな💦)

それと、我が子に関して言えば、ゲーム的な要素を取り入れると「クリアすること」ばかりに囚われて、本来の意味を見失いそう…。

もっと言うと、楽しい仕掛け満載のゲーム学習ばかりを好んでやりそう…。

(今のところ、ゲーム全般やったことがないので、余計にハマってしまいそうな気がするんです)

それだと「楽しみながら学ぶ」は叶えられても、「学ぶことの楽しさを知る」からは少しズレてしまう気がするので、ちょっとどうかなと。。。

なので、少なくとも低学年のうちは、ゲーム的なアプローチは親が考えて親が相手するアナログなやり方のみで取り入れることにしようかなと思っています(精度低いけど愛はある!)。

で、中学受験をするなど「効率的に勉強する必要」が出てきたりしたら、ゲームやアプリに頼るのも有りかなと。

その頃には学習することのなんたるか、は理解しているだろうし(させておきたい)、その上でなら、ゲームでもアプリでもやればいいかなと。

外出先など、隙間時間にもできるしね。

そんなわけで、我が家のお兄ちゃんにはまだ導入しませんが、ゲーム学習についても、少し調べてみたいなと思った昨日でした。

スポンサーリンク
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ランキングに参加しています。よろしければ、応援クリックお願いします(´ω`*)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
おすすめ記事
おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする