消費期限を12日過ぎた牛ひき肉を食べてみた話

今日は、ドン引かれること覚悟で、消費期限切れ食品へのチャレンジの記録をお届けしたいと思います。

※良い子のみんなと、良い子をお持ちのママさんは、絶対に真似をしてはいけません!※

ここ最近いろいろと忙し過ぎて、夕飯の準備をサボることが多々ありました。

そんな中、1日だけ、帰宅後に作業に追われなくても良い日がふいに発生。

せっかくなので夕飯ちゃんと作ろうと冷蔵庫を開けると、チルド室に真空パックの牛ひき肉500gが鎮座していました。

というか、すぐに使える(冷凍でない)動物性タンパク質は、それしかありませんでした。

なので迷うことなく、最近我が家でブームのタコライスを作ることに決定。

タコライスだと、お兄ちゃんがレタスもトマトも良く食べてくれるから、助かるんですよね( *´艸`)

で、機嫌よく肉を開封し、機嫌よく炒め、機嫌よく調味料を投入したところで、、、ふと、空になったパックが目に入り。

「消費期限:2018.2.24」
ん?
「消費期限:2018.2.24」
:(;゙゚’ω゚’):ヒッ
きょきょきょ今日って、3月8日じゃなかった!?!?!?

そうです、ルン子さん、消費期限が12日も過ぎている牛肉を、機嫌よく炒めていたのでした。。。

賞味期限でなく、消費期限。

それも、12日超過。

さすがにこれは、はじめてのケースでした。

ちなみに製造日から数えると、16日経過していました。

2週間超え……。
でね?普通はここで、即座に調理を中止して、別のメニューにすると思うんですよ。

でも。でもでも。

その牛肉、生活クラブの、いい牛ひき肉だったんです。

安心安全で、余計な加工がされてなくて、とっても肉々しくて、おいしいやつ。(そして安くない)

それに、色も匂いも、まったく問題なかったの。

いつもの、届いてすぐのお肉と、なんら変わりなくて。

でも、ググってみると、真空パックといえど肉なら冷蔵で保って5日、みたいな意見がほとんどで、消費期限を1週間以上経過したものを食べた、という書き込みも、見つけられませんでした。

しかし一方で、肉の変質はとても分かりやすいという意見も多く、ダメになった肉は、色はもちろん、とにかく匂いがヒドイと。

さらに火を通したりしようものなら、とても食べてみようと思えるような匂いではないとのこと。

そう聞くとね? ……イケる気がする!!!

だって、機嫌よく味付けまでたどり着けるくらい、火を通してても普通に良い匂いだったもの。

それに、本能というか勘というか、そのあたりが危険を知らせてこなかったし。

これはイケるでしょう、と判断。

でも子供はね、何かあったらイヤなので、急遽レトルトのカレーライスに変更しました。

で、大人の夕飯だけ、タコライス。

結果、普通に美味しかったし、お腹痛くなったりも、まったくしませんでした!!

あとから帰宅した夫に至っては、「冬だしチルドだし牛肉だし真空パックだし、炒めたんでしょ? イケるイケる!」だそうで、なんにも気にせず食べていました。

そ、そんなもんか。


ということで、消費期限を12日過ぎた牛肉も、普通に美味しく食べられました!

ぜんぜん褒められた話じゃないのは承知の上ですが、私が必死で探した時にぜんぜん体験談が見つからなかったので、あえて記録しておきます。

勝因はやはり、真空パックだったことかな。真空パックありがたやー。

ちなみに500gものタコミート、1回の食事では消費しきれず、翌朝にも加熱し直して食べ、お弁当にも持って行きました(・∀・)

もちろんなんの問題もなし!

でも、それでもやっぱり、良い子の皆さんは真似しちゃダメですよー。

スポンサーリンク
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ランキングに参加しています。よろしければ、応援クリックお願いします(´ω`*)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
おすすめ記事
おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする