5万円の価値とは。民間学童という選択は正解なのか?

先日、4月から通うことになる学童から、最初の請求明細が届きました。

5万オーバー。むしろ6万弱((((;゚Д゚)))))))

4月は入学式前の1日預かりの日が数日あるから、通常より高くなるんですよね。やむなし。

やむなし、だけど……うん。

庶民な我が家としては……なかなか、迫力の金額ですわ。。。

カリキュラムが充実しているとはいえ、公立学童が月5,000円であることを考えると、この決断が本当に正しかったのか、未だに自信がありません。

お金が余ってるなら、いいんですよ。どの時点からでも、買いたい環境を買えば。

でも我が家は、決して余裕があるわけではありません。

どこかにお金を使ったら、どこかで諦めないといけない。

そんな経済状況なのに。

今=子供が低学年の時代に、年間60万強とか、突っ込んでいいのだろうかと…。

4年生からは、まあ、塾とかに行くかもしれないので、それはそれでお金がかかっても納得しやすいんですが。

1〜3年生のあいだは、貯金に励むべきなんじゃないかという思いが、どうしても捨てきれません。

60万×3=180万

将来の子供費として、あるのとないのとじゃ、大違いな金額ですよね…。

一方で、やはり何度考えても、公立学童で過ごすことに不安が拭えないのも、事実なのです。

見学した時に見た、度を超えた無秩序空間の衝撃。

説目会での、頼りなさ。

それらを思い出せば、やっぱり民間一択!と思えるのですが…。

でも、でもでも、5万の価値って、果たして………。

と、そんな調子で、グルグルグルグル考えちゃってます。。。

公立申し込んでないんだから、考えても無駄なんですけどね。

頭でっかちなルン子さん、やってみる前に考え過ぎてしまう悪いクセが、なかなか治りません(^_^;)

1ヶ月くらい通ってみて、子供が「楽しい」って言ってくれたら、吹っ切れるかなぁ〜。

スポンサーリンク
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ランキングに参加しています。よろしければ、応援クリックお願いします(´ω`*)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
おすすめ記事
おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする