【PTA】全否定はしないけど、うちの学校のPTAは、第一印象からして無駄が多そう

ついに、あの悪名高きPTAとやらに属さねばならないときが来てしまいました。

私はどちらかといえばPTA不要論者で、保護者の協力が必要だと思える活動には参加したいけど、PTAという形で存在しててくれなくていいよ?という気持ちでいます。

どうしてもPTAとしてやりたいなら、運営は時間のある方でどうぞ、と。

でもまぁ現実は、任意加入と言いながらも参加不可避な組織としてあるわけで。それに対して声高に改革を訴えるほど、熱意も暇もないわけで。

流れ作業のように加入申込書を提出したルン子です。

でね、それについては、いいの。もう。

抵抗する暇とかホントにないし、子供に関われる活動なら、むしろやってみたいし。

ただ、入学式後のPTA会長挨拶を聞いた時に、「あーーー、これダメなやつだ」と思ってしまったんだよなぁ。。。

だってね?

「PTAはいろいろと誤解されていることも多く、活動内容が多岐に渡って把握しにくい点も多々あるので、まずはご紹介ということで、実際の活動内容や、その意義、やってみた感想などを、3枚のお手紙にまとめました!」

とか言ってさ。なんかびっしり書かれたA4サイズの紙を出してきて。

「お手紙」とかいう表現はどうなんだと思わなくもなかったですが、活動内容と意義を明確にする姿勢や、各々のタイミングで読める形式にする配慮などなど、なかなかやりやすそうな人たちなんじゃないの?

と期待させておいて……

「お配りした封筒に入れていますので、あとでぜひじっくり読んでみてください。

それでは、

今から私の方で、読み上げますね!

ですって!

そして本当に朗読し始めたwww

思わず、

いやいやいやいや、

の「い」が、声になって出ちゃったよね。←残りは飲み込んだ

だってさ、口頭で説明しなくていいように、そして各々のタイミングで確認できるように、お手紙形式にしたんじゃないの???

なんで今読み上げる必要があるのよ!!

そんな私の心のツッコミをよそに、延々としゃべり続けるPTA会長。

だんだんと下の子たちがぐずり始め(お忘れかと思いますが、入学式後の体育館という状況です)、あっちでギャー!こっちでワーン!とかなってるのに、それでも延々としゃべり続けるPTA会長。

せっかくちょっとだけ好印象になりそうだったのに、一瞬にして、関わっちゃダメ認定することになってしまいました。

もう、この人たち、絶対無駄なこと大好きなタイプだよ。

そういえば、活動内容のひとつに「茶話会のお茶菓子決めと買い出し」とか書いてあったっけね。

それ、「PTAの活動」なのか???

なんていうか、きっと一事が万事、そういう思考なんだと思います。

別にそのこと自体はダメじゃない(というか、どうでもいい)けど、忙しい人は関わっちゃダメなやつ。

なので、やっぱり私は、幹部とはなるべく関わらずに済むポジションで、本当に意義を見出せる活動にのみ、淡々と参加していきたいと思います。

委員の希望はすでに提出済み。

すんなり決まりますように(>人<;)

スポンサーリンク
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ランキングに参加しています。よろしければ、応援クリックお願いします(´ω`*)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
おすすめ記事
おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする