「パズル道場」を始めて1ヶ月ちょっと。軌道修正しないとマズイ状況になっています

我が家の長男(小1)は、4月から「パズル道場」に取り組んでいます。

パズル道場とは、いわゆる「センスと思考力を楽しみながら育成する」系の、算数教室です。

2月にたまたま体験授業を受ける機会があり、本人が気に入り過ぎてしまって、その場で入会…。

私としては、習い事を増やすとしたら書道かそろばん…と考えていて、パズル道場はノーマークだった(存在すら知らなかった)のですが、お友達が行くらしいとの情報を息子が仕入れてきて体験に行く流れとなり、あれよあれよという間に始めてしまったのです。

だもんで、パズル道場に関しての私の知識が、皆無。

もちろん大筋の説明はされたのですが、体験以降「道場」の様子を見れていないし、期初ということで私の仕事も忙しく、しっかりと見てあげられていない状況でした。

そんな中、息子が自宅学習用のテキストを持ち帰ってきました。

「2冊終わっちゃったから、丸付けして」と。

……はい???????

パズル道場には、道場で足並み揃えて学ぶ用のテキストと、自宅で自由に進めて良いテキストがあるのですが、その自宅用のテキストを、学童の自由時間に2冊やっちゃった、と。

始めて3週間後くらいでしたかね?

40級から1級まで(その先もありますが)あるうち、半分の21級までのテキストを勝手に終わらせてしまっていました。

見てみると、ところどころに間違いがあり、でも答えあわせをしていないものだから、間違ったところはしばらく間違ったままで進んでいるという…orz

これは、さすがにちょっと酷い。

持ち帰ってこなかった息子が悪いといえば悪いんですが、自宅用のテキストを本人に渡した時点(事後請求だけどテキスト代発生)で保護者に連絡すべきだと思うし、1冊目が終わって2冊目を渡す際にも、1冊目がきちんと終わっているかを確認してくれたって良さそうじゃないですか???

というか、そういう管理になっていたハズなんです。

1単元が終わるごとに先生に報告して、壁に貼ってあるグラフにシールを貼っていくというルール。

なので、知らないうちに2冊目とか、絶対にありえないんです。

もちろん先生に電話で確認しました。

すると、2冊目を渡したのは先生以外のスタッフの方で、明らかな手違いでしたと謝罪していただきました。

また、単元ごとのシールについては、息子が言わなかったのでまだ自宅用テキストには手をつけていないのだと思っていた。これからは毎週進捗を確認しますと。

後者については、まだシステムに不慣れとはいえこちらに原因があるので、その点は私からも謝罪させていただきました。

その上で、毎週のお声がけは、していただく方向に。

ふぅ~。

ということで、とりあえず先生とも話せたし、GW中に丸付けと間違い直しも終わらせたので、いったんは整理された、というところです。

ただ、21級までの内容から察するに、掛け算の九九が完璧でないなら先へは進むべきでないと感じたので、3冊目のテキストには、まだ進ませないでいます。

息子くん、九九の7の段と8の段がちょいちょい怪しいのでね。。。そこが完璧になったら、次に進ませようと思います。

いやー、なんだか、いろいろ出てきますね。小学生。。。

特に何をしているわけでもないと思うのに、いっぱいいっぱいになっている母ですよ。

でも、パズル道場については、もう少しちゃんと知っておかないとだなー。

効果的な取り組み方をしないと、ただこなすだけじゃ、意味がないんだよ~(涙)

スポンサーリンク
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ランキングに参加しています。よろしければ、応援クリックお願いします(´ω`*)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
おすすめ記事
おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする