夫が外でこんなこと言っていたらものすごく嫌だなと思った件

先日の土曜日、とある近所のパパさんと1日に3回遭遇しまして。

状況から察するに、お子さんたちのバラバラ且つ連続している習い事の送迎を、絶妙な時間差でやってのけている感じだったのです。

それも、直前にお見かけした場所と進行方向と時間からは想像しにくい距離のところで再び遭遇したので、びっくりして「あれっ!?さっき、●●でお会いしましたよね?いつのまにこちらにいらしたんですかー?」って思わず声をかけたんです。

我が家のお兄ちゃんも、「●●くんのお父さん、ワープしてる!」って言っていたくらいなので、本当に移動が速かったの。

なので単純に「速くてすご〜い☆」の意味でお声がけしたんですが、、、

そのパパさんからのお返事は

「こき使われてるんでね〜」

でした。

は?

え、なにが???

一瞬なのんことかわからなくて、でも考えてみたら、確かに今回のパパさんの移動はギリギリ過ぎて、普通ならパパとママが手分けしてして対応するだろうな、という送迎パターン。

なのでパパさんはきっと、移動が速かったことではなく、あっちにもこっちにも自分ひとりで送迎していることについて、私が言及したと思ったようです。

で、「ひとりで凄いですね」と捉えた返事としての「こき使われてるんでね」であったと。

えー(´・ω・`)

なんかイヤ。

妻のことを「夫をこき使う人である」的に表現したことではなくて、子供の習い事の送迎を、さもイヤなことかのように扱っていたのがイヤ。

こき使われるって、そういうことですよね。
「自主的にはやりたくないことを、強制的にやらされている。」と。

もちろん、謙遜している側面もある(や、この場面で謙遜とか無いですよねと思いつつ)のかもしれませんが、本当にイヤそうに「このあともう一つ行かされるんですよね〜」とか言っていたので、まあ、実際イヤなんでしょうね…。

でも私だったら、たとえ言葉のアヤだったとしても、外でそんな言い方していたとわかったら、もう二度と子供の送迎には関わらないでもらうだろうな〜と。

そこには別に怒りとかの感情はなくて、やりたくないと思ってやるなら、やらなくていいですよ、と、ただただ思うのみ。

イヤイヤ付き添われても、子供が可哀想だから。

そして私は全く面倒じゃないし、イヤじゃないので。

イヤじゃない私がやるので、どうぞお構いなく、と。

これは嫌味でもなんでもなく、追い詰めているのでもなく、本当は察して欲しいとかでもなく、私の育児に対する基本姿勢です。

原則、やりたいことだけやれば良い。

もしくは、やると選択した以上は、やらないで得られる結果よりは、やって得られる結果の方を自分が好んで自分が選び取った、ということを自覚せよ。と思っています。

(ちなみに「やらなければならないこと」は、イヤがるなどの個人的な感情を挟む余地のないことが多いと思っているので、除外)

と、言葉で表現すると、頭でっかちで息苦しい考え方に見えますが、家での実際のやりとりはほのぼのとしています。

私は「やりたくないこと」は基本無いので、なんらかの事情で「夫にやってもらえると助かること」があった場合のみそれを示し、「どうするー?どっちでもいいよー。選んでー。」と言う。

たとえば、物理的に私一人で送迎をこなせない時は、①夫が代わりに送迎する  ②習い事自体を休ませる、のどちらかを、夫に選んでもらっています。

休ませることになっても、それはそれ。

無理に連れて行かせて、子育てに対する無用なネガティブ印象が芽生えるより100倍良い。

逆に子供が「休みたくない!」と主張して、折れて送迎することを選ぶのだとしたら、それは「休ませて子供に恨まれたり自分が罪悪感を感じたりするよりはマシ」と自分で決めて選び取った答えでしょと。思う。

なので、実際に送迎を引き受けている状況で「やらされてる感」をアピールしてこようものなら、すかさずツッコミます。

いやいや、選んでって言ったじゃん。と。

選んだんでしょ?と。

そんな感じで子育てしている私なので、今回のパパさんの発言は、自分には関係ないこととはいえ、とてもとても違和感を感じてしまったのでした。

と、長々と独りごと言ってスミマセン(´・ω・`)

お口直しに、今日のランチ「MUJIカフェ」
 レバーとこんにゃくのからしマヨ和えが抜群にうまい!
スポンサーリンク
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ランキングに参加しています。よろしければ、応援クリックお願いします(´ω`*)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
おすすめ記事
おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする