幼児教育・保育の無償化…2019年10月からかぁ…

幼児教育・保育の無償化、とうとう動き出しますね。

我が家も恩恵に預かる当事者でありながら、感想は

うーーーーーん。。。本当にやるの…?

という感じ。

すべての子供に質の高い幼児教育を、って言ってるけど、平等に質の高い教育を保障するなら、高等教育にしたほうが、国の将来的に有効じゃないですかね?

「人を育てる」上で、幼児期において最も重要なのは教育じゃなくて愛情だと思うし。

そもそも、税金使ってまで全員に保障したほうがいい「質の高い幼児教育」って何??

少子化問題にしたって、幼稚園の月謝や保育料が無償化されたからもう1人産もうと思う人よりも、大学が無償化されたからもう1人産もうと思う人のほうが、間違いなく多いと確信します。

さらに言うと「高等教育が無償ならもう1人産みたいと考える層」=「子供には高等教育まで受けさせて当然という価値観」なわけで、単純に考えて、その水準で育つ子供が増えた方が日本の将来への貢献度は高いはずです。

もちろん、高等教育を無償化するなら、線引きは必要ですけどね。

入学のハードルを上げるか、あるいは税金で賄うに値するレベルの教育を保障できる教育機関のみを対象にするか。

いずれにしても、幼児教育無償化は、中途半端過ぎて腹落ちしません。

とか思うのは、大学の費用問題さえ解決したら是非とももう1人産みたい私だからかな。。。

あー、もう1人産みたい!(なんなら2人!)

スポンサーリンク
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ランキングに参加しています。よろしければ、応援クリックお願いします(´ω`*)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
おすすめ記事
おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする