小1の壁。民間学童の壁。

あと1ヶ月もすれば、夏休みですね。(早い!)

ここに来て、初めて「小1の壁」というものを実感しています。

事の始まりは、息子が学校から水泳指導のお知らせと、夏休み子どもスクールのお知らせを持ち帰って来たこと。

いずれも、夏休み中の平日に、全部で15日間ずつスケジュールが組まれていました。

水泳指導は任意参加ですが、検定もあるため割と「参加推奨」な感じ。

子どもスクールは、野球やサッカーに始まり、陶芸教室や木のおもちゃで遊ぶ会、理科実験などなど、多岐に渡る講座が開講される模様。こちらは完全な自由参加ですが、子どもにとっては魅力的なプログラムが多々。

で。

これらのすべてが、10:00〜16:00の間に組まれているのです。。。

これな〜………

困 っ た ……。。。

公立学童の子たちは、学童と学校を行き来して参加するのだと思いますが、我が家の場合は民間学童。且つ遠い。

中抜けしてプールや講座に参加することも、日によっては不可能じゃないけれど、そうすると学童のメインプログラムに参加できなくて、何万も払ってるのになんだそりゃ!?になってしまう。

かと言って、学校の方にまったく参加しないと、夏休み明けのお友達関係に響くんじゃないかという不安もあり…。

全15日間のうち、半分くらい参加できるようにする…?

水泳指導のほうは、半分とかでどうにかなるのかな。。。

聞いてみないとわからないなぁ。

それに何より、本人の気持ちのほうが問題ですよね。

もし、お友達がほぼ毎日参加するんだったら、自分もそうしたいと思うだろうし。

せめて他にも似た状況の子がいればなぁと思うものの、フルで民間学童に通っているのはうちの子ひとり。

あーーーーー、ちょっと、失敗だったかも。。。

これはアレですね、「小1の壁」というより、「民間学童の壁」。

想像力が足りなかったな…。

とりあえず学童の夏のカリキュラムと、同じマンションのお友達の参加意向を聞いてみないとです。

なるべく息子の意向を汲んであげられるよう、うまく調整できますように(>_<)

スポンサーリンク
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ランキングに参加しています。よろしければ、応援クリックお願いします(´ω`*)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
おすすめ記事
おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする