【小1長男】夏休みの家庭学習。やっぱり先取りは無しで。

夏休みの宿題のドリルが終わったので、今後は学童の自主学習時間に、家庭で用意したドリルをやることに。(丸つけと解き直しは、夜に私が見ます)

我が家では以下の4冊を用意していて、今日から日替わりで2冊ずつ持たせています。(全部だと重いので…)

算数と国語は、四谷大塚のはなまるリトル。
統一テスト前に買ってあったのを出してきました。
学童でひとりで解いてくるのに程よい難易度と、大きな解答欄が使いやすいです。
ロジカルキッズワークは難易度はそんなに高くないけれど、「答えがひとつじゃないケースもある」ことや、「それも間違っていないけれど、この条件下で本当に正と判断できるか」みたいに考えさせる良問が多く、気に入っています。
こちらは、以前にも紹介したことのある漢字ドリル。成り立ちから学べるところが良く、息子本人も気に入って使っているものです。2巡目。

とりあえずこの夏休みは、この4冊に取り組みます。

夏期講習では3桁のかけ算とかやっていましたが…やはりどうしても先取り学習に馴染めない私…。

学年相応の発展問題までに留めて、地道に進めていこうと思います。

スポンサーリンク
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ランキングに参加しています。よろしければ、応援クリックお願いします(´ω`*)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
おすすめ記事
おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする