「お茶汲みやりたい…」と思った日

昨日は、私の異動前から発生していたらしい不具合が突如発覚し、その対応に奔走する1日でした。

奔走って言っても実際に走るわけじゃないですけどね。

謝罪&対応フローのメールを打って、エラー解析をして、ミスの修正をして、影響範囲の数字を出して、対応完了報告メールを打って、そのあとは今回の不具合でショートした分の補填に関わる業務を延々とやっていました。

その全てが、まだ慣れない分野での作業&私の成果物じゃないものが対象なので、やりにくくて仕方なく…精神的にかなりやられました。。。

液晶凝視し過ぎて吐きそうになったし…(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

そんな中、トイレに行こうと廊下に出たら、1年くらい会う機会のなかった同僚に出くわしました。

彼女とは元同じ部署で、第一子の出産&育休が1ヶ月違いということで、育児についてはよく語り合った間柄です。

それぞれ復帰のタイミングで、私は休業前と同じ部署、彼女は総務に異動を希望したため、それ以降はほとんど会わなくなりました。

具体的にどんな仕事をしているのかは聞いていませんが、会議の時にお弁当やお茶を出したり書類を配布したりしているのを見かけるので、いわゆる庶務的な業務なんだと思います。

その時もポットを抱えて大会議室から出てきて給湯室に向かいながら「今から30人にお茶出さなきゃなんだよねー」と。

30人にお茶…。

それを聞いてワタクシ

ち ょ っ と そ れ や ら せ て

と、思わず言いそうになりました。

もう何時間も、首と頭がイーーーーーッとなりそうなチマチマしたパソコン作業が続いていたので、「お茶を淹れる」という行為が、とてつもなく癒しの作業に思えて。

ポット持ってるってことは、サーバーから汲むんじゃなくて、ちゃんと茶葉で淹れるってことだし。

お茶の香りも相まって、なんかすっごい癒されそう!!!!!!

復帰の時は、環境が変わる面倒くささを考えたら激務の方がマシと思って異動は希望しなかったけれど、今けっきょく異動になってるし…(しかも激務は変わらない)

ゆとりを持って仕事できる部署に最初から異動というのもアリだったかもなーと、今更ながらに思ってしまったルン子さんでした。

でも、今の仕事もやっぱり嫌いじゃないし。

聞けば、庶務は庶務でいろいろあるらしいし。

そりゃそうですよね(´・ω・`)

もっといろいろ話したかったけれど、とりあえず、お互い子供第一で、ほどほどに頑張ろうね〜と励まし合って、それぞれの業務に戻りました。

そんなこんなで、今日。

何事もなく、穏やかに仕事できまるといいな〜(祈)

スポンサーリンク
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ランキングに参加しています。よろしければ、応援クリックお願いします(´ω`*)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
おすすめ記事
おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする