保育園でのお友達トラブル。親がしてあげられることはなんだろう

保育園からの帰り道ではたいてい「今日は何して遊んだの?」というような会話をお兄ちゃんとしているのですが、ここ数日、いつも話に出てきていたお友達(Nくん)が出てこなくなったことに気がつきました。

最初は、「あ、めずらしいな。今日は違うお友達と遊んだのか」くらいに思っていたのですが、あまりにもずっと名前が出てこないので不思議に思って聞いてみたところ、最近は一緒に遊んでいないとのこと。

どうして?と聞くと、

「Nくんがね、パンチするの。」
「一緒に遊ぼうって言うと、ダメって言って、パンチするの。」
「やめてって言ってもやめてくれない。」

だそうで。

まあ、男の子ですし。遊びの延長…?

でも、いつも仲良くしていた他のお友達の名前も聞かなくなっていたので、そちらについても確認したところ、「Nくんがダメって言うから」と。

ん…?

以下、お兄ちゃんとの会話。

母「Nくんじゃなくて、RちゃんやMちゃんに遊ぼうって言っても、Nくんがダメって言うの?」

兄「Nくんがいなかったら大丈夫だけど、Nくんが近くにいると、Nくんがダメって言う。」

母「Nくんがいなかったら、RちゃんやMちゃんと遊べるの?」

兄「うん」

だそうで。

ふーむ。

Nくんとは本当に仲良しだったので、ここまで極端に関係が悪くなってるってことは、お兄ちゃんが何かしちゃったのかな?と思って確認したんですが、本人曰く「なにもしてない」とのこと。

まあ、子供の言うことなので、そこはわからないですよね。本人が意識できていないだけで、もしかすると、何かしちゃったのかもしれない。

あるいは、子供の気まぐれってやつで、特に理由はないけどNくんがお兄ちゃんと遊ぶのがイヤになっちゃったのかもしれない。

どちらもあり得るし、もっとぜんぜん別の原因があるのかもしれません。

いずれにしても、現時点では両方の話を聞けていないし、聞けたところで当事者は4歳児だし、大人が正確に今の状況を把握することはできないと思っています。

なので、お兄ちゃんとNくんの関係については、Nくんの「パンチ」が本気の暴力にエスカレートするのでなければ、本人同士で折り合いをつけていってもらうしかないのかなと。

ただ、お兄ちゃんが他のお友達と遊ぼうとするのまで阻止するっていう話が本当なら、そこだけはなんとかしてあげたい。

もう少し大きくなったら、「僕はRちゃんに遊ぼうって言ってるの。Nくんは関係ないでしょ」って自分で思いついて言えるようになると思うんですけど(なるかなぁ。なるといいなぁ。)、今はまだ難しいと思うので、多少は大人がフォローしても良い気がしています。

お兄ちゃんには、「RちゃんやMちゃん本人に断られたんじゃないなら、Nくんのことは気にしないで遊んでいいんだよ」と教え、それを主張してもなおNくんが邪魔するようであれば、先生に声かけをお願いしてみようかなと。

で、先生は多少なりとも今の状況をご存知なのかしら?と思って、念のためお兄ちゃんに「先生には困ってることを伝えてみた?」と聞いてみたところ、「うん。相談した。」とのこと。

なんと! 相談したのか!

うちの園では、お友達が叩いたりイヤなことをしてきたら、まずは自分で「やめて」って言いましょう。それでもどうしてもやめてくれない時は先生に相談してね。ということになっているので、言い出しやすいとは思うんです。

でも、先生に相談するくらい困っていたなら、さすがに私にも何かしら言っているだろうと思っていたので、そうじゃなかったことにちょっとビックリ。

なので「なんでお母さんには相談しなかったの?」と聞いみてたところ、「だってAくんと遊んでるからいいんだよ。今日もね、Aくんと仮面ライダーがどうのこうの……」と始まり、延々と今日の楽しかった報告。

なるほど。

大人が、っていうか私が考えるほど、深刻な事態では、ないのかもしれないですね。

私だったら、すごく仲良しだった子から急に嫌われたみたいになって、これまで遊んでいたグループに近づけなくなってしまったら、そうとう落ち込むと思うんですけど。

子供の場合は、たとえうまくいっていない関係性があったとしても、その日そのとき楽しく遊べる子がいれば、「あー楽しかった!」ってことになるのですかね。

性格の問題?

いずれにしても、お兄ちゃんがそこまで気に病んでいないのであれば、少なくとも今は、親の出る幕ではないということ。

ただ、「先生に相談してからもパンチされる。やめてって言ってもやめてくれない」と言っているので、いったい先生には何をどう相談して、結果先生方はどういう見守り方をする方針になったのかだけ、参考までに聞いてみようと思っています。

お兄ちゃんに聞いても、話があっちこっち行ってイマイチよくわからないので。

それにしても。

やっぱり年中ともなると、お友達関係のトラブルというのが出てくるものなんですね。

今回のなんてぜんっぜん序の口かと思いますけど、そのうちもっとヘビーなトラブルも出てきたり……するのかなぁ。うーーー、憂鬱だ。。。

何かあったとき、親って、どこまで介入していいんでしょうかね。
それ以前に、そもそも親はそういう「何か」を、知ることができるんでしょうかね。

とにもかくにも、子供が何らかの問題に関係しているとき、「親には(言いたいのに)言えない」→「手遅れになる」ということにだけは、ならないようにしたい。

そのためにも、日頃から子供とたくさんたくさん会話して、なんでも話せる信頼関係を築いておくことが大事だなぁと、改めて思った母であります。

スポンサーリンク
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ランキングに参加しています。よろしければ、応援クリックお願いします(´ω`*)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
おすすめ記事
おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする