育児休業給付金が振り込まれました。支給率が50%から67%になったのに6万減…orz

タイトルの通りです。
過去に試算していたので衝撃はあまりないですが…まあ、はい。寂しい数字となりました。

もちろん、もらえるだけありがたいのは、百も承知!!
その上で、少しだけウジウジしてみたかったの(´・ω・`)

一応、算出方法をおさらいすると…

【計算式】
休業開始日賃金日額×支給日数×67%
(※休業開始180日目以降は50%)

休業開始日賃金日額というのは、休業に入る前の6ヶ月間の賃金を180で割ったもの。
で、それに30を掛けて、月額にする。
そして67%をかける。

出産手当金は標準報酬月額を使うのに、育休給付金はわざわざ直近6ヶ月間の日額を出してから30を掛けて月額にするという謎。

たぶんちゃんと調べたら、まっとうな理由があって納得できるんでしょうけどね。

面倒なので割愛。ざっくりいうと、月給×67%ってことですよね。

で、一応、具体的な数字で例を出すと、
休業開始日賃金日額が10,000円の場合
10,000円×30日×67%=201,000円

という感じで、これが1ヶ月分の支給額です。
育休給付金は2ヶ月ごとにまとめて振り込まれるので、この例で言うと、1回の振り込み額は402,000円ということになりますね。

まあ、それで、私の場合も、計算通りの金額が振り込まれていたわけなんですが。

前にも書いた通り、お兄ちゃんを産んでからは時短で働いていたので、基準給与が低くてですね。

【過去記事】
出産手当金が振り込まれて落ち込んだ話…

給付率が50%から67%に上がったにもかかわらず、金額で見ると、お兄ちゃんの頃にもらっていた額よりも6万円も下がってしまったわけです。

ちなみに、ものすごくいらん計算ですが、基準給与が高かった頃(時短前)の金額で67%支給になっていたら…で試算したところ、今回の振込額より20万近く多いという結果になりました…。。。

だから、いらん計算って言ったのに!

スポンサーリンク
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ランキングに参加しています。よろしければ、応援クリックお願いします(´ω`*)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
おすすめ記事
おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする